line

English / Japanese

 

 

 

Link: [京都大学経済研究所] [京都大学経済研究所東京分室] [金融工学研究センター]

line
line
HOME > コンファレンス

「伊藤清博士ガウス賞受賞記念(野村グループ)寄附研究部門」
創設記念コンファレンス

『数理科学とファイナンスの30年-学術と実務の接点フロンティア-』

 

日時 2007年11月5日(月) 13:30〜17:30 (13:00 受付開始)
場所 サピア・タワー6F:東京ステーション・コンファレンス

(http://www.tstc.jp/) 東京駅日本橋口

講演内容 プログラム :

0. ご挨拶  (13:30-13:50)  

柏原正樹 (京都大学数理解析研究所長)

稲野和利 (野村ホールディングス株式会社執行役副社長)

1. 伊藤清先生の業績についての解説  (13:50-14:40)

渡辺信三 (京都大学名誉教授)

  「確率解析の歴史と展望−伊藤清先生の業績について」 

2. 基調講演 (14:50-15:40)  

楠岡成雄 (東京大学大学院数理科学研究科教授)

  「数理科学とファイナンスの展望」

3. パネル・ディスカッション (15:50-17:30)

  「数理科学とファイナンスの30年−学術と実務の接点フロンティア−」

《パネリスト/テーマ》

− 高橋明彦 (東京大学大学院経済学研究科教授/京都大学経済研究所客員教授)

  「金融工学的商品開発とデリバティブ市場発展の長所と問題点」

− 藤田岳彦 (一橋大学大学院商学研究科教授/京都大学数理解析研究所客員教授)

  「ファイナンスと数学教育の重要性」

− 二宮祥一 (東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授)

  「IT技術の進化と求められるクオンツ像」

− 新井富雄 (東京大学大学院経済学研究科教授)

  「効率的資本配分(投資や経営について)」

モデレーター:加藤康之 (京都大学経済研究所客員教授/野村證券執行役)

   <題材> 

・ 数理科学がファイナンス理論に与えてきた影響
・ デリバティブの急速な進化がもたらした影響と課題
・ 今後期待されるファイナンスの世界とグローバル化
・ 研究開発、教育でどのようなことが期待されるか、等

【司会:高橋陽一郎(京都大学数理解析研究所教授)】

コンファレンスへの参加をご希望される方は、

(1) お名前  (2) ご所属  (3) お役職 
(4)連絡先メールアドレス 

をご記入の上、下記申込み先まで電子メールにてお申込ください。電話等でのお申込みは不可となっております。
尚、会場定員になり次第締切らせていただきます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

《 参加申込み先 》

       京都大学経済研究所東京分室 金融工学研究センター内

 お申込みアドレス:
       fe-sympo@kier.kyoto-u.ac.jp
      

 プログラム・詳細等はこちらを御覧ください(PDF)

「伊藤清博士ガウス賞受賞記念(野村グループ)寄附研究部門」創設記念コンファレンス 事務局

野村證券金融工学研究センター/京都大学経済研究所東京分室

Copyright 2001-2004, Institute of Economic Research, Kyoto University, All rights reserved.